top


規約

山手東部環境保全委員会

 

山手東部環境保全委員会 規約

 

第1条 名称

本特別委員会(山手東部町内会規約第5条2項に基づく)は、山手東部環境保全委員会(以下「委員会」という)と称する

 

第2条 会員

山手東部地区住民及び事業者を対象とする

詳細は山手東部環境保全委員会細則(以下、「細則」という)に定める

 

第3条 目的

「委員会」は、山手東部地区の住環境、歴史的建造物及び景観の保全・発展を目的とする

 

第4条 活動

前条の目的を達成する為、住民・行政・建築業者・開発業者等関係機関と協議・折衝をおこなう

2項 山手まちづくり協定を基本とし、住環境・建造物及び景観の保全・発展に関わる協定ルールの運用及びプランの策定

3項 法律・条例の立案

4項 前条の目的達成のために必要事項を協議する

 

第5条 組織及び委員

「委員会」は山手東部地区の住民及び事業者から選出された委員13名以内をもって組織し、一定の基準を満たした人物を選出し、山手東部町内会役員会の承認を得る

詳細は「細則」に定める

2項 「委員会」に次の役員を置く

1) 委員長 1名

2) 副委員長 1名

3) 事務局 1名

4) 会計 1名 (但し、町内会会計と兼ねることはできない)

3項 役員は委員の互選により選出し、山手東部町内会役員会の承認を得る

4項 委員は同一世帯1人とする

 

第6条 委員及び役員の任務

委員は、山手東部町内会規約及び山手東部環境保全委員会規約に基づき任務遂行の為活動する

2項 役員は、原則毎月山手東部町内会世話人会に出席し、意見交換をおこなう

3項 委員相互の意見交換を密に行い、活動について定期的に山手東部町内会役員会及び住民に文書等で報告する

4項 委員長は「委員会」の会務を統括する

5項 副委員長は委員長を補佐し、委員長に事故あるときはこれを代行する。住民よりの要望、行政・業者等からの計画届等を精査し委員会に提出する

6項 事務局は委員会の議事資料及び議事録の作成、整理、保管を行う

 

7項 会計は山手東部環境保全委員会運営費の収納、保管、運用、支出等の会計業務を行う

8項 規約・細則の制定及び改定。但し、山手東部町内会役員会の承認を得なければならない

9項 委員会は、山手東部町内会役員会に年度末に業務報告を提出する

10項 委員は、業務上知り得た内容を許可なく外部に口外してはならない

 

第7条 委員会の開催及び議決

委員会は原則毎月1回開催する。委員長、副委員長は、必要に応じて臨時委員会を招集することができる

2項 委員会は委員の過半数の出席をもって成立する、但し代理人に書面または口頭で委任した者は出席とみなす

3項 委員会の議決は出席委員の過半数の賛成を必要とする

4項 委員会は必要に応じて専門家の助言者を招き、意見を聞くことができる。但し議決権は有しない

 

第8条 委員の任期

委員の任期は1年とする。但し再任は妨げない

2項 補充及び補欠により選任された委員の任期は、前任者の残任期間とする

 

第9条 会計

会の運営費は山手東部町内会の拠出金・寄付金等その他の収入を以ってあてる

2項 会の会計年度は毎年4月1日より翌年3月31日迄とする

3項 会務の為に生じた必要経費等は委員会の承認を得て支払う

4項 年度末に山手東部町内会役員会へ決算報告を提出し、山手東部町内会監事の会計 監査を受ける

5項 山手東部町内会定期総会までに、来年度事業計画と共に予算案を提出しなければならない

 

第10条 委員の解任

委員が山手東部町内会および山手東部環境保全委員会の規約に違反したとき、または両組織及び個人の名誉を傷つけるような行為があったときは、山手東部環境保全委員会の議決を得て、山手東部町内会役員会に報告の後解任することができる。但し、委員長は世話人会に於いて解任の理由を説明しなければならない

 

第11条 相談役

委員会に相談役を置くことができる

2項 相談役は、委員会の同意を得て委託し、町内会役員会の承認を得る

3項 相談役は、委員会に出席し、助言者として意見を述べることができる

 

第12条 規約の施行

この規約は平成28年04月16日より施行する

この規約は平成29年04月01日より施行する

 

 

細則

山手東部環境保全委員会

 

山手東部環境保全委員会 細則

 

第1条 山手東部環境保全委員会規約第6条8項の規定により、以下に細則を定める

 

第2条 規約第2条の規定により次のように定める

2項 山手東部町内会非会員が、山手東部環境保全委員会に参加するときは、事前に山手東部町内会に入会することを義務づける

 

第3条 規約第5条1項の規定により次のように定める

2項 選出にあたり、適用される基準は以下のとおりとする

1) 山手東部町内会及び山手東部環境保全委員会の規約・細則を遵守出来る者

2) 山手東部環境保全委員会規約第2条に基づく住所を有する者

3) 就任時の年齢が原則80歳以下で、健康である者

4) 民主的な委員会運営ができ、円満な常識を有する者

5) 個人的な利益の為に「委員会」で得た情報を利用しない者

6) 委員会に50%以上出席できる者

 

第4条 細則の施行

この細則は平成28年04月16日より施行する